子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

子育て

専業主夫&ブロガー。ワンオペ育児の1日のタイムスケジュールをまとめてみた。

投稿日:

どうも!だいちです!

嫁のさとみがいよいよ1月から復職して、完全にワンオペ育児に。それこそさとみが育休期間中に、それなりに手伝ってきたつもりで、少しずつ慣れてきたせいもあるのか、そこまで大変ではないだろうと浅はかに考えていました。ワンオペは大変。

やはり気を遣うせいもあるのか、小売業で働いていた時の数倍疲れます。そしてワンオペになって、自分一人で子育てして見えてくるものもある。まだワンオペを開始してまだ2週目と期間としてはかなり短いですが、専業主夫兼ブロガーとして、子育てしながらの1日のタイムスケジュールを簡単にまとめてみたいと思います。



1日の流れ

とりあえず1日の流れを簡単にまとめると以下のようになります。基本は平日でさとみがいない時の場合で、土日はまたちょっと変わりますが。

時刻だいち愛娘
7:00起床&おむつ(さとみ)
7:30起床着替え&絵本(さとみ)
8:00授乳ミルク(1回目)
8:30仕事遊びなど。
9:00寝かしつけ(9時20分までに)朝寝(45分間)
9:30仕事
10:00離乳食の準備&起こす&オムツ
10:30離乳食離乳食
11:00仕事遊びなど。
11:30授乳ミルク(2回目)
12:00寝かしつけ(12時20分までに)お昼寝(2時間)
12:30仕事
13:00
13:30
14:00起こす&オムツ&授乳ミルク(3回目)
14:30お散歩お散歩
15:00仕事遊びなど。
15:30
16:00離乳食準備離乳食
16:30仕事遊び
17:00
17:30お風呂お風呂
18:00授乳ミルク(4回目)
18:30仕事遊び
19:00 寝かしつけ就寝
19:30仕事
22:30自由時間起きる&オムツ&ミルク(5回目)(さとみ)
23:00就寝
23:30就寝

平日のスケジュールはこんな感じになります。基本朝一と夜の授乳はさとみが担当してくれています。自分の負担を減らしてくれるためと、愛娘との時間を少しでも作りたいため。

またベースがこの時間となっているだけで、ぐずっている時などは、もっと遊んであげたりしている時間は増えます。なので、仕事は時間との勝負になっています。だいたい午前中に5記事かければ、夜は比較的4記事と楽になり、ずれ込んでくると夜が厳しくなります。

また冒頭でも記述していますが、ワンオペになって、いろいろと考えるようになりました。例えば、遊んでいてあげて本当に楽しいのかとか。なんで離乳食食べてくれないんだろう。なんで寝つきが悪いんだろうかなどなど。考え始めたらきりがありません。それでも大変ですけど、やはり子供の成長を毎日見れるのは楽しい。

会社員辞めて、フリーランスになったからこそ子育てが積極的にできる。自分たちにとっても、愛娘にとってもかけがえのない時間だと思うので。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-子育て

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.