子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

子育て

「Google」純正見守りカメラ「Nest Cam IQ Indoor」を購入してみた

投稿日:

どうも!だいちです!

愛娘も早いもので、「12月」で「1歳6ヶ月」になりました。平均からすれば遅いのですが、最近ようやくつかまり立ちができるようになりました。本当動くことが嫌いだったのか、あまり動かなかったのですが、最近は積極的に動いてくれるので一安心です。

ただ動くようになってきて一つ問題が。寝相が悪い。以前「Arlo Baby」が壊れてから、新しい「見守りカメラ」を購入しました。詳細は「[レビュー]「Arlo Baby」より便利!!人気No.1トリビュート「ワイヤレスベビーカメラ」(BM-LTL2)を使ってみた」をご参照下さい。

この「ワイヤレスベビーカメラ」の欠点が、「首」の角度があまり調節できない。なので、「愛娘」が動いて「カメラ」の視野角から「フェードアウト」することがかなり増えてきました。なので「見守りかカメラ」を買いなおすかどうか検討していました。

そして個人的には仕事のため「Google Pixel 4」を購入するかどうか検討中。なので「Google」製品を購入してみようと思いました。今回「Google」純正の見守りカメラ「Nest Cam IQ Indoor」を購入したので簡単にまとめたいと思います。



「eBay」で購入。

まずその購入方法ですが、上記の画像は、日本の「Google Store」の製品一覧になります。残念なことに「Nest Cam IQ Indoor」の取り扱いがありません。

なので「eBay」で購入しました。「eBay」はアメリカのオークションサイトで日本でいう「ヤフオク」のようなサイトになります。また「アメリカ」に限らず、多くの国から幅広い商品が出品されています。基本日本で手に入らない製品は「eBay」で購入しています。

本体価格は「2万円」ちょっと。送料込みで「2万4000円」程度でした。出品者の対応も早く、購入してから約「1週間」で手元に届きました。出品者が「FedEx」を利用してくれたこともあり、思いの外早く手元に届いてびっくりです。



実際に開封してみた。

では実際に「開封」していきたいと思います。想像していた以上に「化粧箱」は大きめでした。遠路はるばるやってきたこともあり、「化粧箱」はボロボロです。

箱をあけると、「Nest Cam IQ Indoor」がどーんと出てきます。

付属品は「本体/説明書/電源アダプター/USB-Cケーブル」とシンプルです。ちなみに「説明書」は「英語」です。ただイラストがシンプルで初期設定をまとめると以下のようになります。

「Nest Cam IQ Indoor」の初期設定
本体を「電源」につなぐ。
アプリをインストールする。
「アプリ」で設定する。

 

なので説明書通りに「初期設定」。「iOS/Android」の両方に対応しており、上記の画像は「App Store」で「Nest Cam IQ Indoor」対応アプリである「Nest」を検索したものになります。とりあえずこの「Nest」をインストールして画面通りに設定していきます。

簡単にいえば「Nestアカウント」を作成するだけです。「Googleアカウント」を紐付けすることもできるので非常に円滑に設定することができます。ただ途中で「住所」を入力するところがあるのですが、もちろん「日本」の住所は非対応。

あまりおすすめしませんが、自分は「住所」を「アメリカ」に設定し、「アメリカ」のテキトーな「郵便番号」を設定することで、無事クリアすることができました。多分「住所」の設定が最大の難関だと思います。

で、上記の画像は実際に「「Nest Cam IQ Indoor」」で「愛娘」の部屋を撮影しているシーンになります。娘の部屋は光が入りにくいので、昼間で晴れた日に撮影しましたが、この明るさしかありません。

で、夜娘が寝ている時に撮影した画像が上記の画像になります。ちょっと画像ではつたわりにくいのですが、「FHD」に対応していることからも、「ワイヤレスベビーカメラ」と比較するとめちゃくちゃ「画質」が綺麗。

さらに「首」の角度を最大ここまで下げることができるので、娘がどんなに動いても「死角」に入ることはありません。ちなみに「Nest Cam IQ Indoor」のスペックを簡単にまとめると以下のようになります。

Nest Cam IQ Indoorスペック
Bluetooth802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz) 2x2 MIMO
ビデオUp to 1080p (1920 x 1080) at 30fps HDR
視野角130°
カメラ8MP/12倍ズーム

少なくとも「Bluetooth4.0」以上に対応した「スマホ」であれば、問題なく使うことができます。そして「Arlo Baby」の時は「Wi-Fi」の接続性が安定しませんでしたが「Nest Cam IQ Indoor」は安定して接続できています。

また「ワイヤレスベビーカメラ」と「Nest Cam IQ Indoor」を比較すると以下のようになります。

ベビーカメラNest Cam IQ Indoor
管理専用モニタースマホ(アプリ)
接続無線Wi-Fi
首の角度調整自動手動
子守唄×
湿度/温度管理×
対話機能

愛娘の部屋には「室温/湿度計」が置いてあるので、「見守りカメラ」になくても問題なし。また今は「子守唄」機能があっても使わないので問題なし。何より「Nest Cam IQ Indoor」は画質と音質がかなりクリアになったことが非常に大きい。

そして「カメラ」の死角がなくなったことが非常に大きいです。まだ使い始めて数日ですが、大変満足しています。また後日詳細なレビューをしたいと思います。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-子育て

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.