子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

子育て

0歳児の赤ちゃんに「YouTube」を1年間「動画」を見せ続けた「理由」と「気づけた」こと。

投稿日:

どうも!だいちです!

自分が学生の時は、それこそ「ニコニコ動画」が全盛期で、「YouTube」は今のように面白いコンテンツがほとんどなかった時代だったと思います。ただ今や「小学生」を始めとして、「将来なりたい職業」に「ユーチューバー」がランクインしており、それだけ「YouTube」が私たちの生活に密接しているとも考えることができます。

ただ子どもに「YouTube」などの「動画コンテンツ」や「テレビ」を長時間見せることは良くないとされています。とはいえ「テレビ」や「動画コンテンツ」から学べることが多いのも事実であり、一概にダメとは言い切れませんよね。今回は愛娘が生まれてから約「1年間」、「YouTube」をみさせてきた、その「理由」と、見せてきたことによって「気付いたこと」を簡単にまとめたいと思います。

 

見せてきた「理由」

「動画」を子どもに見せることは、「育児」の「手抜き」だとか「放置」だとか否定的な意見を述べる人もいます。確かに、子どもがうるさくて、おとなしくさせるために「動画」を見せたりしたら、まさにその通りです。とはいえ、「動画」を何のために見せさせるか。その「理由」がはっきりとしているのであれば、「手抜き」とか「放置」だとは思いません。

我が家で「YouTube」をずっと見させてきた理由は、

「英語」に触れる機会を少しでも多くしてあげたいから。

「日本」は今後人口が減少し、これ以上の成長は望めません。だからこそ後々は「海外」に目を向けてほしい。その上で必ず必要になるのが「英語」です。いくら「小学校」や「中学」「高校」で「英語」を習うからといって、受動的に勉強しただけでは、英語を話す段階に進むことはできません。やはり「英語」に興味を持ってもらい、いずれは「話せる」ようになってほしい。そして「海外」に目をむけてほしい。そのきっかけになることを期待して「英語」の「子ども向け」の「YouTube」を見させたりしています。

もちろん、「YouTube」で「動画」を見せたからといって、興味を持つかどうかはありません。でも「英語」を「聴く」か「聴かない」。「見る」か「見ないか」ではその内差がでると思っています。

そしてもう一つの理由としては

「働き方は多種多様である」

これはまだ先の話だと思います。少なくとも今の時点では「働く」ということすらもちろん理解できないでしょう。民族性なのか「日本人」は「保守的」ですよね。なので先ほども記述しましたが子どもたちの将来の夢として「ユーチューバー」が人気となっていますが、「ユーチューバー」になることを反対する親が多いのが現状です。

「収入」が不安定だとか。作業が大変とか、悲観的な意見をよく聞きます。では逆に「大企業」や「公務員」に就職することが本当に安心なのか。今後どうなるか分かりませんよね。少なくとも「AI」がより進化し、さらに人口が減少すれば、今こそ人の手を使っていることも、いずれは自動化する可能性があります。だとすると今は大企業でも必ず衰退する企業が出てきます。少なくとも今までの価値観が、自分の子どもたちが大人になる頃に通用するかどうかは判断できません。

だからこそ、愛娘に教えていきたいのは、「個」の力を磨くこと。「フリーランス」という働き方が増えてきて、「個」を武器に働く人が増えています。まさに「ユーチューバー」などは分かりやすい例ですよね。「個」がない動画は、人気も出なければ、面白くもありません。

「個」を磨くことによって、時代に臨機応変ができる働き方を見つけてほしいと思っています。だからこそ、その一つとして「YouTube」に興味を持つこともいろんなことを教える機会として非常に大切だと考えています。

 

気付いたこと。

そして「YouTube」を見せて、気付いたことは「集中力」です。だいたい多くの子は「1歳」近くになってくると落ち着きがありません。愛娘もそうなるかと思っていましたが、「動画」を見ている時の「集中力」がすごい。最初は「動画」を見ている時限定かと思っていましたがそうではない。新しいおもちゃ一つでも、30分から1時間近く、延々と夢中になって遊んでいます。

「YouTube」の「動画」を見せてきたことにより、「集中力」がすごいこと。そしてこれは愛娘の「特徴」の一つでもあると気づけました。なので、今後は「動画」や「おもちゃ」以外に何に興味を持ち、集中することができるのか探してあげたいと思っています。「集中力」がすごい人間はなかなかいません。だからこそこの「集中力」はいれず大きな武器になります。

自分の親にも「YouTube」を見せることは反対されていました。単純に悪影響だと。それでもずっと愛娘には「見させる理由」を明確した上で「動画」を見させ、さらに「長所」に気づくことができました。今では親が愛娘の「動画」を見ている時の様子を見て、その「集中力」には感心しているみたいです。この月齢でこれだけ集中して見ていることはそうそうできるものではないと。

もちろん今後成長するにあたって、「コンテンツ」の制限や、「視聴時間」をうまくコントロールしていきたいと思っていますが、「YouTube」を有効活用していきたいと思っています。何かしらの参考になれば幸いです。

LINE@はじめました!

LINE@で更新情報の発信や記事検索(整備中)機能を開始したので、よろしければ登録してください。

友だち追加

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-子育て

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.