子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

ちょっと期待はずれ?新型「Air Pods」が発表されたけど、あまり心に刺さらない。

投稿日:

どうも!だいちです!

「3月18日」には「iPad Air」と「iPad mini」が。そして「3月19日」には「iMac」が。そして「3月20日」には「iPod touch」が発表されると予測されていました。詳細は「新型「iPad mini」が正式発表。どれだけ「mini」なのか「iPhone XS Max」と比較してみた。」と「「iPad」に「iMac」に続き。新型「iPod touch」が明日正式に発表に?」をご参照下さい。

ただ実際に発表されたのは「iPod touch」ではなく、新型「Air Pods」でした。「3月25日」で正式に発表される可能性が高いと予測されていたので、正直そこまで驚きはしませんでしたが、むしろ3日連続で、新製品を発表してくるAppleのマーケティング戦略のほうが驚きですよね。

「2016年」の「12月」に発売を開始し、発売以降、ずっと供給が不安定だった「Air Pods」ですが、発売から約2年で、ようやくアップデートされました。とはいえ、そこまで分かりやすい進化ではない。なので、今回は新型「Air Pods」がどのように進化したのか簡単にまとめたいと思います。



デザインはほぼ変わらず。

さて上記の画像は新型「Air Pods」の画像です。

次に上記の画像は今までの「Air Pods」の画像です。デザインの違いは分かりにくいですが、新型には「ケース」の真ん中あたりに「充電用」の「インジゲーター」があるのみ。ちなみに「Air Pods」のイヤホン部分のデザインは全く一緒です。その上で、新型がどのように進化したのか。簡単に特徴をまとめると以下のようになります。

Air Pods旧型新型
チップW1H1
Hey Siri×
ワイヤレス充電×
充電ケースとの併用24時間以上の再生時間

最大11時間の連続通話時間

24時間以上の再生時間

最大18時間の連続通話時間

Air Pods最大5時間の再生時間

最大2時間の連続通話時間

最大5時間の再生時間

最大3時間の連続通話時間

充電ケースで15分充電最大3時間の再生時間

最大1時間の連続通話時間

最大3時間の再生時間

最大2時間の連続通話時間

まず「チップ」が新しくなりました。従来と同じくペアリングは楽ですが、さらに接続するデバイスの切り替えは最大2倍高速に。さらに通話への接続は最大で1.5倍高速化されています。さらに接続時の「遅延」が低減されています。

わかり易い特徴といえば、「Hey Siri」に対応したこと。そして「ワイヤレス充電」に対応したこと。そして「電池持ち」が良くなったことでしょうか。

ちなみに「販売方法」も上記の画像のように「3種類」となっており、「新型」+「ワイヤレス充電ケース」か「新型」+「通常ケース」および「ワイヤレス充電ケース」のみの販売になります。やはり「フルセット」になると「2万4000円」程度なのでかなり高いですよね。

ただ今回の「Air Pods」ってマイナーアップデートであり、完全な「フルモデルチェンジ」ではないので、ちょっと分かりにくいですよね。今まで持っていなかった人にとっては面白いかもしれませんが、旧型を持っている人からすれば、せめて「ワイヤレス充電ケース」にもを購入すれば十分かもしれませんが。ただ「1万」近くしますけど。

「Air Pods」は長らく供給が不安定だったので、新型に関しても、今後供給が不安定になる可能性が高いと判断することができます。興味ある人は早めにチェックして見て下さい。

LINE@はじめました!

LINE@で更新情報の発信や記事検索(整備中)機能を開始したので、よろしければ登録してください。

友だち追加

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.