子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

「容量構成」によって差別化を。次期「iPhone XI」は「大容量モデル」のみ「トリプルレンズカメラ」を搭載かも。

投稿日:

どうも!だいちです!

先日には、Appleからイベントの招待状が配布され、現地時間の「3月25日」からイベントが開催されることが正式に決定しましたね。新型「Air Pods」や「Air Power」そして、「iPad」や「iPad mini 5」も発表されると予測されています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

3月のAppleのイベントは新製品ラッシュに?「iPad mini 5」に「Air Power」に新型「Air Pods」が登場かも。

またもしかしたらですが、昨年末に終売となった「iPhone SE」の後継機種である「iPhone SE2」が発表されるとの情報も。「Face ID」を搭載し、さらに「背面」は「ガラス」を採用し、また「ベゼルレスデザイン」も。詳細は以下の記事をご参照下さい。

春頃に登場の可能性も。次期「iPhone SE2」は「Face ID」に「ワイヤレス充電」を搭載して発表に?

とはいえ、やはり本命は、今年の後半に登場する次期「iPhone XI」シリーズ。先日の情報では、「iPhone XI Max」のみが「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに「プロトタイプ」もすでにリークしています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

トリプルレンズカメラの「iPhone XI」購入する価値があるのか自分なりにまとめてみた。

さて今回海外サイトであるPhone Arenaによると、「iPhone XS」の後継機種である「iPhone XI」も「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性があると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「トリプルレンズカメラ」

さて今回の情報によると、少なくとも次期「iPhone XI」シリーズは「EVT」の段階にあり、「Huawei Mate20 Pro」と同様に「スクエア型」の「トリプルレンズカメラ」を搭載する計画があるとしています。また事前情報では「iPhone XI Max」のみが「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されていましたが、「iPhone XI」も「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性があるとしています。

ただし「iPhone XI」と「iPhone XI Max」であれば、どちらの機種もすべてが「トリプルレンズカメラ」を搭載しているのではなく、「特定のストレージ」モデル。つまり大容量モデルのみに「トリプルレンズカメラ」を搭載している可能性が高いと予測しています。なので「ベースモデル」に関しては、「iPhone XS」シリーズと同じく「デュアルレンズカメラ」を搭載している可能性が高いと判断することができます。

先日の情報からも「メインカメラ」が「1400万画素」に強化され、インカメラが「1000万画素」に強化されると予測されていますが、これは、おそらく容量構成関係なく、共通の仕様となっており、「大容量」モデルのみが、さらに「トリプルレンズカメラ」を搭載することで、大幅にカメラが強化されていると考えることができます。

「大容量ストレージ」に「トリプルレンズカメラ」とめっちゃ高くなりそうですよね。今後の動向に期待しましょう。

LINE@はじめました!

LINE@で更新情報の発信や記事検索(整備中)機能を開始したので、よろしければ登録してください。

友だち追加

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.