子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

早くも出荷開始。「Galaxy S10」の世界最高のカメラを堪能したいなら早めの購入を。

投稿日:

どうも!だいちです!

日本でも「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」そして「Galaxy Fold」の製品ページが存在していることからも発売される可能性が高いと予測されていますが、どの容量構成が扱われるのか。どの本体カラーが扱われるのかまだ判然としない状況にあります。少なくとも日本のSamsungの公式ホームページ以上の本体カラーを扱うことはないと思いますが。詳細は以下の記事をご参照下さい。

朗報!日本でも「Galaxy S10e」は発売に?女性に大人気になるかも。

まあ「Galaxy S10+」の「RAM12GB/ROM1TB」の「セラミック」モデルに関しては、日本市場では需要がないと思うので、発売される可能性はかなり低いと思いますが。そして先日明らかになりましたが、この「Galaxy S10+」の最上位モデルは「Galaxy Watch」と「Galaxy Buds」が同梱されている「10周年記念パッケージ」も存在していますが、日本で発売される可能性はかなり低いかと。詳細は以下の記事をご参照下さい。

お金に余裕があるなら。「Galaxy S10+」の10周年限定パッケージがおすすめ。

「Galaxy S10」シリーズが高価格化していることもあり、やはりベースとなる「128GB」モデルが日本でも展開され、さらに「グローバル」市場でも一番売れると思います。さて「韓国」ではすでに予約者に対してのみ発売を開始している「Galaxy S10」シリーズですが、その他の地域において、すでに出荷が開始していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「出荷」が開始。

さて今回の情報によると、「3月5日」の時点で、購入者に対して出荷を開始している可能性が高いことが判明したと、海外サイトが伝えており、上記の画像かrまお「Galaxy Buds」と「Galaxy S10+」が「出荷完了」になっていることを確認することができます。おそらく「アメリカ」国内の話になると思いますが、一部ユーザーは「3月8日」の発売日より先に入手することが可能だと判断することができます。

特に今年の「Galaxy S10」シリーズは、久しぶりとなる「Prism White」と「Ceramic White」に人気が集中していることが判明しており、少なくとも「アメリカ」国内では、この2色を入手するのは非常に困難な状態となっています。一方で、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は「トリプルレンズカメラ」を搭載しており、DxOMarkのレビューを見る限りでは、世界最高の評価を獲得していることが判明しています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

「インカメラ」も。「Galaxy S10+」のカメラは「Huawei Mate20 Pro」は抜いて世界1位へ。

非常に完成度が高く、さらに「メインカラー」でもある「ホワイト」に人気が集中、さらに各地域において、事前予約もかなり好調であることが判明していることからも、一度在庫切れを起こすと、当面入荷しない可能性も十分に考えられます。なので、気になるかたは早めのチェックをおすすめします。

 

おわり。

LINE@はじめました!

LINE@で更新情報の発信や記事検索(整備中)機能を開始したので、よろしければ登録してください。

友だち追加



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.