子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

子どもが落としても傷すら簡単につかない?「Galaxy S10」の耐久テストが公開に。

投稿日:

どうも!だいちです!

日本でのSamsungの公式ホームページを確認すると、「Galaxy S10e」「Galaxy S10」そして「Galaxy S10+」の製品ページが公開されていることからも、日本でも発売されていることが確実視されている「Galaxy S10」シリーズですが、「iPhone XR」のライバル機種として、「本体」が「コンパクト」で「ポップ」なカラーを採用しており、さらに、ちょっとだけ値段が安い「Galaxy S10e」が個人的にはおすすめ。詳細は以下の記事をご参照下さい。

朗報!日本でも「Galaxy S10e」は発売に?女性に大人気になるかも。

「コンパクト」かつ「ハイスペック」の機種が欲しいなら。「Galaxy S10e」が絶対的におすすめ。

ただ、「韓国」で行われた「Galaxy S10」シリーズの購入者に対しての市場調査だと、「Galaxy S10+」「Galaxy S10」そして「Galaxy S10e」の順番に人気。しかも購入者全体の「10%」しか「Galaxy S10e」を購入していないことが判明に。「日本」ではどうなるか判然としませんが、少なくとも「韓国」では人気なし。とよっと残念です。詳細は以下の記事をご参照下さい。

「Galaxy S10e」は以外と不人気?「Galaxy S10+」の「ROM128GB」モデルが一番人気らしい。

とはいえ「Galaxy S10e」は廉価モデルですが、それでも「9万円」から。「Galaxy S10」は「10万円」から。そして「Galaxy S10+」は「11万円」からと高いです。最近自分の子どもがそうなんですけど、特に「背面」が「ガラスになっているスマホを持ちたくて仕方ないみたい。まだ生後8ヶ月なので、落とすことはできますが、投げることができないので、せめての救いですが。

スマホ本体が高くなればなるほど、困るのが壊れた時。できるだけ耐久性が高い機種がいいですよね。さて今回海外サイトが「Galaxy S10」の耐久テストを公開したので簡単にまとめたいと思います。



かなり頑丈?

さて今回公開された動画が以下のようになります。

今回の動画の総評として、「Galaxy S10e」「Galaxy S10」そして「Galaxy S10+」は意図的に傷をつけようとすれば、傷はつきます。とはいえ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」に関しては、「フロント部分」も「背面」も、「Gorilla Glass6」を採用しており、市場で販売されている機種の中でもかなり耐久性があるとしています。

少なくとも、「鍵」や「小銭」などと一緒にポケットに入れておくだけで、「Galaxy S10」自体が傷がつくことはそうそう考えられないとしています。ちなみに「Galaxy S10+」の最上位モデルは「セラミック」を採用しています。少なくとも「Gorilla Glass 6」より強度が上だと考えて間違いないので、「セラミック」モデルはさらに耐久性が高いと判断することができます。

叩きつけたり、カッターなどで意図的に傷をつけようとしない限り、日常使っているだけでは傷をつけること自体が難しいとしています。あと気になるのは「落とした」時ですよね。執筆時点ではまだ判然としませんが、もう少しすれば「consumer Report」が「落下テスト」の結果を公開してくれると思います。毎年歴代「Galaxy」は基本100回落としても傷はつきますけど、完全に壊れることがないので、今年はさらに期待できそうですね。

ただ今回の動画では、「ディスプレイ統合型指紋センサー」の周辺に傷がついてしまうと、「センサー」が反応しなくなる可能性が高いとされています。とはいえ、「Galaxy S10」シリーズはかなり耐久性があることが判明しました。落としてもさすがに平気とは言えませんが、少しでも耐久性がある機種を購入したいと思っているならぜひチェックしてみて下さい。

おわり。

LINE@はじめました!

LINE@で更新情報の発信や記事検索(整備中)機能を開始したので、よろしければ登録してください。

友だち追加



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.