子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

「コンパクト」かつ「ハイスペック」の機種が欲しいなら。「Galaxy S10e」が絶対的におすすめ。

投稿日:

どうも!だいちです!

上半期最大ともいえる「MWC2019」の開催が直前となっており、「Huawei」や「SONY」が最新機種を発表する直前ですが、「Samsung」が本日イベントを開催し、「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10 5G」そして「Galaxy Fold」の5機種を正式に発表しました。イベントを直接見なかったんですけど、例年と比較してもかなりの大ボリュームですよね。

「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」の「ディスプレイレイズ」が「5.8/6.1/6.4インチ」となっていることからも、「Samsung」は「iPhone XS」「iPhone XS Max」そして「iPhone XR」を強く意識している可能性が高いとされてきました。本体カラーも、特に「Galaxy S10e」は「5色」展開なので。

先日には「iPhone XR」を購入するのであれば「Galaxy S10e」の発売を待ったほうがいいという記事をまとめました。詳細は以下の記事になります。

「iPhone XR」を今購入するなら。「Galaxy S10e」をちょっと待ったほうがいいかもしれない。

さて今回「Galaxy S10e」が発表され、そのスペックの全貌が明らかになり、「コンパクト」モデルを好むユーザーにとって超絶おすすめだったので簡単にまとめたいと思います。



「Galaxy S10e」

 

まず「スペック」をまとめると以下のようになります。

Galaxy S10e スペック
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 5.8インチ(FHD)
本体サイズ 142.2x69.9x7.9mm
重さ 150g
OS Android9.0
SOC snapdragon855/Exynos9820
メインカメラ 1200万画素+1600万画素
インカメラ 1000万画素
バッテリー 3100mAH
生体認証 顔/指紋
防水・防塵 IP68

スペック上で、個人的に想定外だったのは「有機ELディスプレイ」を搭載していること。そして「IP68」を採用していること。これで「8万円代」で購入できる機種と考えると非常にコスパに優れていると判断することができます。「カメラ」に関しても「Galaxy S9」シリーズから引き続き「デュアルアパチャー」を搭載しており、自動で「F値」を調整してくれます。

バッテリー容量は「本体サイズ」を考えれば、大きいほうかと。これで「ワイヤレス充電」にも対応しているので。ただ「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」のようりに「リバースワイヤレス充電」には対応しておらず、さらに「USB2.0」への対応なので、ちょっとだけ充電速度は遅いです。

ちなみにライバルとされている「iPhone XR」と「Galaxy S10e」それに「iPhone XS」を比較した画像が上記の画像になります。「iPhone XR」より一回り小さくて、かつ「iPhone XS」よりも僅かながら小さいです。ただスペックは「iPhone XS」と同等。近年のスマートフォンは大型化がトレンドとなっており、「iPhone SE」や「Xperia」の「Compact」モデルに一定量のニーズがありました。

しかしながら「iPhone SE」が終売し、さらには「Xperia XZ2 Compact」が「Compact」モデル、最後の「ハイエンドモデル」になると予測されている中、「Galaxy S10e」はコンパクトモデルが欲しいユーザーにとって最適解になる可能性も十分に考えられます。

ただ問題なのは日本で発売されるかどうかです。正直「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」はまちがいなく展開されますが、「Galaxy S10e」に関しては微妙。もともと日本市場であまり「Galaxy」が売れないことを考えるとあまり期待できず、SIMフリーモデルでの購入がメインになりそうですよね。

おわり。

LINE@はじめました!

LINE@で更新情報の発信や記事検索(整備中)機能を開始したので、よろしければ登録してください。

友だち追加



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.