子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

中国限定?「iPhone XS」と「iPhone XS Max」に新色「レッド」を追加かも。

投稿日:

どうも!だいちです!

2017年に「iPhone X」が発表された時、事前情報と異なり、「ゴールド」はラインナップになく、「シルバー」と「スペースグレー」の2色展開になりました。のちに公開されたFCCの認証情報からも、「ゴールド」の実機が見つかっており、発売に至らなかった理由は、「iPhone X」で初めて採用されたステンレススチールのサイドフレームの染色に問題があったからとされています。

その後2018年の3月頃には、「iPhone X」に新色「レッド」が追加されるとの予測がありましたが、実際には発表に至りませんでした。一方で「2018年」に発表された「iPhone XS」と「iPhone XS Max」では、ついに「ゴールド」が追加され、さらに既存色である「スペースグレー」のサイドフレームの色合いも変更されていることが確認されています。

つまり「iPhone X」の時には解決できなかった染色問題を「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の時には無事に解決したと考えることができます。またこの染色技術は「iPhone XR」にも応用されているとか。だからこそ「iPhone XR」で6色のポップなカラーを実現することができたされています。

さて今回中国サイトが、2月下旬にAppleが「iPhone XS」と「iPhone XS Max」に新色「レッド」を追加する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「新色」を追加に。

今年最初に「Appleショック」が起きたように、Appleは「iPhone」を発表して以来、初めて業績を発表する前に下方修正を行いました。その要因の一つとして「中国」における売上の低下だとされています。ただAppleはすでにテコ入れを行なっており、「iPhone XR」の値引き販売を開始しています。一部情報によると、そこまで値引きといっても金額的には「5000円」程度とされていますが、売上が大きく伸張していることが判明しています。

少しでも売上を伸ばしたいAppleは、今回の情報によると「iPhone XS」と「iPhone XS Max」に新色「レッド」を追加する可能性が高いと報告しており、「中国限定」になる可能性が高いとしています。またその発売時期は早ければ「2月下旬」になると予測されています。

今回の情報が正しければ、「A2104」のみに「新色レッド」が追加されることになります。つまり「iPhone XS Max」や「iPhone XR」の「デュアルSIM」モデルが対応する可能性が高いとしています。ただ2月下旬に登場するって考えると、ちょっと直近すぎますよね。「MWC2019」で登場する新型「Android」に牽制するということでしょうか。

中国では「レッド」も人気なカラーとなっていますが、今回登場すると予測されている「レッド」は「プロダクトレッド」なのかまでは判然としない状況にあります。仮に追加されたとしても日本には関係なさそうですよね。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.