子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

進化を期待できないかも。「iPad mini 5」は「iPad mini 4」とほぼ一緒の仕様かも。

投稿日:

どうも!だいちです!

3月にAppleはイベントを開催すると予測されていましたが、先日の情報からも「3月19日」、もしくは「3月20日」にイベントを開催する可能性が高いと予測されている一方で、「3月25日」にイベントを開催する可能性があるとの予測もあります。特にこの「3月25日」に開催されるかもしれないイベントにおいては、Appleは新しいサービスを発表する可能性が高いと予測されています。

まだ正式にイベントの招待状が配布されていないので判然としない部分もありますが、昨年においては「教育」関連のイベントを開催し、「新製品」をほぼ発表しなかった流れを考えると、この「3月25日」に開催されるイベントのほうが現実味がありますよね。でもそうなると「Air Pods」や「Air Power」はいつ発表されるのか余計に分からなくなってしまいます。詳細は以下の記事をご参照下さい。

「Air Pods」や「Air Power」は「3月19日」に発表で「3月29日」より発売開始かも。

仮に「3月25日」のイベントで新サービスに合わせて、新製品も発表されるといいのですが、少なくとも現時点で3月に発表される可能性が高い新製品はかなりあります。「Air Power」などに加え、「iPhone SE2」や「iPod touch」など。そして「iPad mini5」です。特に「iPad mini 5」は約4年ぶりのアップデートになると予測されており、さらに「Face ID」を搭載する可能性があるとも予測されています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

「Apple Pencil」に「Face ID」を搭載に?次期「iPad mini 5」のスペックの一部がリークかも。

さて今回Macお宝鑑定団によると、次期「iPad mini 5」は現行機種である「iPad mini 4」から大幅な進化はできないと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



進化は期待できない。

一部情報によれば、次期「iPad mini 5」は「Face ID」を搭載することによって「ベゼルレスデザイン」を採用する可能性が高く、さらに「Smart Keyboard」や「Apple Pencil」に対応する可能性が高いと予測されていたことからも、現行の「iPad Pro」と同様のデザインを採用する可能性があると予測されていました。

しかしながら今回の情報によると、「iPad mini 5」は現行の「iPad mini 4」と同じく本体サイズで、「Touch ID」や「lightening」、そして「イヤホンジャック」が搭載されるとしています。つまりデザインに大きな変更がないと考えることができます。

ただ「CPU」に関しては「A8」から「A10」もしくは「A10 X」を採用するとしています。「CPU」は大幅に向上すると考えることができますが、それでも現行の「無印」の「iPad」と同等になるとしています。つまり「iPad」と同じく「エントリーモデル」の立ち位置になると考えることができます。

本体サイズに変化はないようですが、背面に搭載されるマイクの位置が「カメラ」の横から「背面中央」に移動するとされており、部品の共通化によって、コスト削減が行われるとしています。少なくとも「iPad mini 4」とデザイン上の区別はほぼできないと判断することができます。正直内部アップデートにとどまるということですよね。

期待していたユーザーからすれば非常に残念ですよね。内部アップデートのみであれば、ここまでアップデートに間隔をあける必要性がなかったと考えることもできます。また今回の情報によると、「Apple Pencil」への対応は不明で、少なくとも第2世代の「Apple Pencil」には対応しない可能性が高いとしています。

今回の情報が正しければ、単純にAppleは購入しやすい低価格の「iPad」のラインナップを強化しただけになります。散々待たされた挙句にこの仕様だとユーザーがどのような反応するのか非常に気になるところです。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.