子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

「Galaxy Note9」よりはちょっと小さめ。「Galaxy S10」シリーズを動画で確認しよう。

投稿日:

どうも!だいちです!

いよいよ今年最初の大規模なスマートフォンのイベントである「MWC2019」が近づいてきましたよね。「2月20日」に「Samsung」が。「2月24日」に「Huawei」が。そして「2月25日」に「SONY」がイベントを開催することを案内しており、最新機種が続々と発表されると判断することができます。そしてその中でも先陣をきるのは「Samsung」になります。

先日の記事にもまとめましたが「Samsung」は今年「Galaxy S10 E」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「Galaxy S10 X」そして折りたたみ式を採用した「Galaxy F」を正式に発表すると予測されており、「ハイエンドモデル」だけで、1つのイベントで5機種も発表されたら、まさに豪勢ですよね。そして「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」に関しては実機画像もリークしています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

ちょっと質感は残念な感じに。「Galaxy S10+」の実機画像を確認しよう。

イベントが約1週間後ということもあり、すでに「公式プレス」画像までリークしています。後定かじゃないのは「Galaxy S10 X」と「Galaxy F」のみ。実機画像を見ても、公式プレス画像をみても、画像なので、その雰囲気が全部伝わることはありませんよね。だからこそ今回SamMobileによると、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のモックアップを撮影した動画が公開されたとしているので簡単にまとめたいと思います。



動画で確認しよう。

さて今回公開された動画の一部のシーンが上記の画像になります。左から「galaxy S9」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」そして「Galaxy Note9」の流れになっています。「Galaxy S9」は「5.8インチ」で「Galaxy S10」は「6.1インチ」となっていますが、「背面」だけで確認するとほぼ大きさが一緒ですよね。それだけ「infinity O」を採用した効果は大きいと考えることができます。

そして「Galaxy S10+」と「Galaxy Note9」は同じ「6.4インチ」を採用していますが、明らかに「Galaxy S10」のほうが小さく、持ちやすそうですよね。「ディスプレイ」サイズが大型化ばかりして、それに伴って本体サイズも大きくなる。この流れに対して批判的な意見が多い中、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」では小型化に成功し、さらに言えば「薄型化」もされていることが判明しています。

そして今回公開された動画が上記の画像になります。今回の「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は実機ではなく、「ケースメーカー」などに提供する「ダミーモデル」となっていますが、その雰囲気を確認するには十分なものとなっており、ぜひ「Galaxy S10」シリーズの購入を考えている人には確認してほしい動画となっています。

日本でも「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は発売されると思いますが、「SIMフリーモデル」が「3月8日」から発売されるのに対して、「キャリアモデル」は「5月」以降とまだまだ先の話になると考えることができます。まずは正式発表を楽しみに待ちましょう。



おわり。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.