子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

ちょっと質感は残念な感じに。「Galaxy S10+」の実機画像を確認しよう。

更新日:

どうも!だいちです!

今年のSamsungの売れ行きによっては、ついに「Huawei」が世界1位になってしまう。だからこそ、Samsungも失敗する訳にはいかない状態となっています。だからこそか、幅広いニーズに応えるために「エントリーモデル」である「Galaxy S10 E」を新たにラインナップに追加し、「Galaxy S9」シリーズの後継機種である「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」。

そして「5G」に対応した「Galaxy S10 X」。しかも「Galaxy S10+」と「Galaxy S10 X」の「RAM12GB/ROM1TB」の最上位モデルは「セラミック」が採用されており、他のモデルよりかなり高級感ましましに。多くの人は「RAM12GB/ROM1TB」は必要ないと思いますが。ただ見た目よければ値段も高く、「Galaxy S10+」に関しては「20万円」程度になるとされています。

昨年の「iPhone XS」シリーズと同様に、「Galaxy S10」シリーズも全体的に高価格化しています。だからこその「Galaxy S10 E」なのかもしれませんけどね。「2月20日」に正式発表を控えていることもあり、「公式プレス」画像から、何までかなりリークしている「Galaxy S10」シリーズですが、今回AllAbout Samsungが「Galaxy S10+」の実機画像が大量にリークしたと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「実機画像」がリーク。

さて今回リークした実機画像が上記の画像になります。「デュアルレンズフロントカメラ」を搭載しているのは「Galaxy S10+」もしくは「Galaxy S10 X」となっており、今回の画像は「Galaxy S10+」のものとされています。公式プレス画像と異なり、今回の画像で確認することができるのは「ディスプレイ統合型指紋センサー」ですよね。

「ディスプレイ」の下のほうに「指紋」のマークを確認することができます。「Huawei Mate20 Pro」の時は、「光学式」を採用していたため、ちょっと残念な認証精度でしたが、「Galaxy S10+」は「超音波式」を採用しているので「認証精度」がどれくらいのものか非常に楽しみです。

ちなみに上記の画像は、「Galaxy S10」だと思います。一つ目の理由としては「シングレンズフロントカメラ」を搭載していること。この時点で他に候補は「Galaxy S10 E」しかないので。そして2つ目の理由としては、本体側面に「電源ボタン」を搭載していることを確認することができるからです。「Galaxy S10 E」の場合は「指紋認証」と「電源ボタン」が統合されているので、上記の画像のように出っ張っているのではなく、むしろ凹んでいるはずです。

だからこそ「Galaxy S10」だと考えることができます。

次に「背面」を撮影した画像が上記の画像になります。この写真に写っている手の感じをみる限りだと「Galaxy S10」だと考えることができます。上記の画像は「ブラック」ですね。撮影の仕方が悪いのか「指紋」が結構気になります。「トリプルレンズカメラ」を搭載していることも確認することができます。

で、上記の画像は、また手の感じになってしまいますが「Galaxy S10+」の「背面」だと考えることができます。「トリプルレンズカメラ」の外側の間隔を見ると、上記の画像のほうが広いので、こちらの機種のほうが「本体サイズ」がでかいと考えることができます。反射していて見づらいですが「 Samsung」のロゴを確認でき、さらに「IMEI」のコードも確認することができます。

まあこうやって比較してみると「Galaxy S10+」のほうがすっきりとした印象を受けます。本体カラーが「ホワイト」ということもあるでしょうか。ただどちらのカラーでも見えかた次第ではちょっと安っぽい質感に見えてしまいます。だからこそ「セラミック」モデルとの比較画像が早くリークすることを願うばかりです。続報に期待しましょう。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.