子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

春頃に登場の可能性も。次期「iPhone SE2」は「Face ID」に「ワイヤレス充電」を搭載して発表に?

投稿日:

どうも!だいちです!

日本では関係ないのですが、アメリカのAppleオンラインストアにおいては、「iPhone」の整備品が販売されており、最近は立て続けに「iPhone SE」の在庫が販売さていることからも大きな話題となっています。いろんな法律やら何やらが絡んでいるのかもしれませんが、日本でも「iPhone」の整備品を販売して欲しいですよね。

最近では「iPhone X」と「iPhone7」の整備品が販売を開始したとされています。「iPhone SE」は特にそうですが、「iPhone X」を含めて終売になったという実感はまだ湧きませんよね。少なくとも「iPhone X」に関しては、「ドコモオンラインショップ」で普通に購入することが可能なので。詳細は以下の記事をご参照下さい。

少しでも「iPhone」を安く購入したいなら「ドコモオンラインショップ」で購入すべし。

ただ「iPhone SE」は終売となったからといって、小型モデルの開発が完全に終了したとは言い切れない状態でもあります。少なくとも昨年における予測では、「iPhone SE」は終売になったとしていも、後継機種の登場は、Appleがどれだけ開発に時間を割けるかどうかで2018年に登場するか決まるとされていました。こうなると、後継機種の登場を諦めたくないですよね。

さて今回海外サイトにおいて、Appleは「iPhone SE2」の発表を計画している可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「iPhone SE2」

さて今回の情報によれば、「iPhone SE」の整備品を勢いよくAppleが発売しているのは、「iPhone SE2」を正式に発表するための下準備ではないかと予測しています。その上で今回の情報によると、まず「iPhone XS」シリーズと同じく、「Touch ID」を廃止して「Face ID」を搭載し、さらには「ガラス」を採用することによって「ワイヤレス充電」にな対応している可能性があると予測しています。

その上で、「ベゼルレスデザイン」を採用することからも、「ディスプレイサイズ」は現行の「4インチ」から「4.47インチ」に拡大される可能性があるとしています。今は「iPhone XS」シリーズに対して廉価モデルである「iPhone XR」が存在していますが、この「iPhone SE2」がエントリーモデル扱いになる可能性が高いと予測しており、どちらかといえば、「iPhone XS」シリーズの兄弟機のような位置付けになる可能性が高いとしています。

「ディスプレイ」サイズが大きく異なるため、何ともいえませんが、「iPhone XR」の立ち位置がより中途半端になるような気がしますよね。そしてこの「iPhone SE2」は「iPhone XR」と同じく、「3Dタッチ」機能は搭載されておらず、さらに「シングルレンズカメラ」になる可能性が高いと予測されています。

最後に今回の情報では、「iPhone SE2」の発売時期に言及しており、「春頃」に「Air Power」と同時に登場する可能性があるとしています。実際にそうだといいんですけどね。だとすれば、「3月」のイベントはそれこそ盛りだくさんになります。今回の情報にどれだけ信憑性があるのか判然としません。ただ少なくともこのような情報が出てくるということは、Appleは開発している可能性も高そうですよね。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.