子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

少しでも「iPhone」を安く購入したいなら「ドコモオンラインショップ」で購入すべし。

投稿日:

どうも!だいちです!

ドコモが今年の4月以降に始めるとされている「分離プラン」について、少し言及しましたよね。新料金プランの発表は「4月〜6月」の間に行う。「分離プラン」を導入する。そして「docomo with」の対象機種のような「エントリー」モデルもしくは「ミドルレンジモデル」のラインナップを拡充すること。こんな感じです。

今後は「機種本体」に関しては「正規」の値段で購入してもらうことが基本となるとしています。つまり今やっている「割引」などはもう最後だと考えることができますよね。少なくとも「5月」以降に発表・発売される「夏モデル」に関しては、「割引」が一切なくなると考えることができます。つまり「ハイエンドモデル」は今ほど売れなくなる可能性が高いと判断することができます。

そしてこの影響は、国内で最も人気が高い「iPhone」にも影響します。いまは「ドコモ」限定で、「iPhone XR」の値引き販売を行なっていますが、今後、Appleの販売奨励金があろうとなかろうと、割引は基本できない。となると、ついに「iPhone」一辺倒の時代も終わりが見えてくる可能性が高いと考えることができます。

だからこそ、「iPhone」を少しでも安く購入したいのであれば、今しかないということになります。なので今回は国内のキャリアの中でも「iPhone」を安く販売している「ドコモオンラインショップ」について簡単にまとめたいと思います。



「iPhone 8」と「iPhone X」

週間の売れ筋ランキングを確認しても「iPhone8」や「iPhone X」がずっと上位を独占していますが、少なくとも「iPhone8」をオンラインショップで購入できるのは「SoftBank」と「DoCoMo」のみ。特に大幅な値引きを行なっているのが「DoCoMo」という形となっています。ちなみに執筆時点での価格をまとめると以下のようになります。

iPhone8本体価格実質価格
機種変更8万8776円1万9440円(810円×24回)
新規8万8776円1万9440円(810円×24回)
MNP8万8776円1万368円(端末購入サポート)

かなり安いですよね。そりゃあ人気があるのも当たり前です。ちなみに「iPhone8 Plus」は少なくとも「DoCoMo」では終売しています。また「iPhone8」の「256GB」も同様です。上記の画像からも「入荷予定未定」となっている場合は、「100%」ではありませんが、在庫が入荷する可能性があるとされています。一方で「256GB」のほうがそうですが、「販売終了」となっているのは、「入荷」が今後ないそうです。

一時期「iPhone8」も「在庫なし」の状態が続いていましたが、いまや「レッド」を除いて「在庫あり」の状態になっていますからね。ある程度の頻度で入荷していると考えることができます。

次に「iPhone X」です。Appleとして「終売」扱いになっている製品ですが、「DoCoMoオンラインショップ」では普通に販売しています。ちなみに「256GB」モデルはすでに終売しているので、「64GB」モデルのみが購入可能になります。また執筆時点での価格をまとめると以下のようになります。

iPhone X本体価格実質価格
機種変更11万9880円4万5360円(1890円×24回)
新規11万9880円4万5360円(1890円×24回)
MNP12万5064円1万5552円(端末購入サポート)

さすがに「iPhone 8」ほどは安くはありませんが、「iPhone XS」や「iPhone XS Max」と比較してもかなり安く見えます。執筆時点では「スペースグレー」が「在庫なし」となっていますが、いずれ入荷する可能性があると考えることができます。

ざっと価格をみてきましたけど、やはりおすすめなのは「iPhone8」。「Touch ID」を搭載した最後の機種であり、さらには価格も安い。いつ入荷がとまるかも分からないので、気になる人は早めにチェックしましょう。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.