子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

すごく現実的なデザインに。また新たな「iPhone XI」のコンセプト動画が公開に。

投稿日:

どうも!だいちです!

直近のアナリストの情報によれば、今年登場すると予測されている次期「iPhone XI」シリーズと「iPhone XR2」の販売実績は「2018年」と同じくらいになると予測されています。高価格化や代わり映えのないデザインによって、大きく売上が低迷した数字も、今年は悪く見えたとしても、来年以降はスタンダードな数字になると考えることができます。

ただ一応、今年は、「ナンバリング」が変更になる年。つまり「モデルチェンジ」が行われる年であることを考えるとちょっと寂しく思えますよね。先日の情報からも、早速プロトタイプを基に作成されたレンダリング画像が2種類とリークし公開されています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

また新たな「プロトタイプ」が。次期「iPhone XI」の新たなレンダリング画像が公開に。

新しい「iPhone」のデザインはこんな感じに?新しいレンダリング画像が早くも公開に。

直近の情報では、「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が非常に高いと予測されている次期「iPhone」ですが、先日公開されたレンダリング画像は、簡単にいえば、「トリプルレンズカメラ」のデザインが大きく異なります。逆いえば、「iPhone XS」シリーズからベースとなっているデザインに大きな変更はありません。

でもユーザーが求めているデザインってこのデザインじゃないと思うんですよね。さて今回GSM Arrenaが、次期「iPhone XI」の新しいコンセプト動画が公開されていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



新たなコンセプト動画。

さて今回公開されたコンセプト動画の一部が上記の画像になります。上記の画像は「トリプルレンズカメラ」を搭載しているシーンになりますが、現行の「iPhone XS」シリーズのカメラのデザインをそのまま採用していることを確認することができます。

横から見ると、こんな感じ、「iPhone SE」や新型「iPad Pro」のように「角ばった」デザインを採用しています。サイドフレームは現行の「iPhone XS」シリーズと同じく「ステンレススチール」を採用しており、背面は「ワイヤレス充電」を採用するためにも、「ガラス」を採用しているように見えます。「iPad Pro」のデザインを見て思ったんですけど、「丸み」を帯びていることにあまり意味を感じません。

「Galaxy S9」シリーズや「Huawei Mate20 Pro」のように「Edgeスタイル」を採用しているならまだしも、「iPhone」って今別に本体が薄いわけでもないし、さらにいえば、「サイドフレーム」もかなり分厚いですよね。つまりどんなに丸みをつけたところで、持ちやすさが劇的に改善するとは考えにくい。

だったら「iPad Pro」のように角ばったデザインでも構わないので、薄型化してくれたほうがよほど持ちやすいと考えてしまいます。Appleは主力製品が「iPhone」ということもあり、「iPhone」に採用した最新技術を他のプロダクトに採用していく流れとなっていますが、他のプロダクトが採用した技術が「iPhone」に採用される可能性も十分にあり得ます。

つまり「iPad Pro」に採用されたデザインが「iPhone」に採用される可能性も十分にあると考えることができます。何より、だいぶ前から次期「iPhone」では「Apple Pencil」に対応する可能性があると予測されており、「Apple Pencil」に対応させるのであれば、尚更「iPad Pro」に採用されているデザインは最適になります。

「iPhone SE」に採用されていたデザインの評価が元々高かったこともありますが、今回のコンセプト動画もそうですが、この手のデザインを採用したレンダリング画像が数多く公開されるということは、それだけ、このようなデザインになることを期待しているユーザーが多いと考えることができます。気になる方は動画も見てみて下さい。

おわり。

LINE@はじめました!

LINE@で更新情報の発信や記事検索(整備中)機能を開始したので、よろしければ登録してください。

友だち追加



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.