子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

「iPhone XR」は「液晶」を採用した最後の機種に?2020年には折りたたみ式の「iPhone」も登場に。

投稿日:

どうも!だいちです!

昨年末に発売を開始した「iPad Pro」以外は、「au」や「ドコモ」のオンラインショップにおいて、在庫状況が落ち着いてきていますよね。ただ正直意外だったのが、街中のキャリアショップだと、特に「iPhone XR」は容量やカラーによっては、品切れとなっています。やはり在庫は「Apple Store」や「Appleオンラインストア」、そして「キャリア」の「オンラインショップ」に優先的に納品されていると考えることができます。

事前情報として、今年登場する次期「iPhone」も3モデル。基本は「iPhone XS」シリーズと「iPhone XR」の後継機種が登場すると予測されています。何より「iPhone XR」の後継機種である「iPhone XR2」は「有機Elディスプレイ」に「デュアルレンズカメラ」を搭載すると予測されています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

次は「iPhone XR」ももっと高くなるかも。次期「iPhone XR」に「有機ELディスプレイ」は必要なのかな。

そんでなくても、「iPhone XR」は失敗だと言われており、新型「iPhone」としては発売1ヶ月後に異例の大幅な値引きを行うなど、グタグタの状態になっているのに、なぜまた本体価格が値上がりになるような要因を作っちゃうんですかね。下手にアップデートせず、むしろ大幅な値引きを行なった状態で、3年くらい発売を継続すれば、それなりに売れそうですけど。。

さて今回GSM Arenaによると、「iPhone XR」は「液晶」を搭載した最後の機種になると報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



ある意味貴重な存在に?

さて今回の情報によると、2020年、つまり来年に登場する次期「iPhone」は、そのすべてが「有機ELディスプレイ」を搭載していると予測しており、「iPhone XR」が「液晶」を搭載した最後の「iPhone」になる可能性が高いとか。ちなみに先日には「iPhone XR2」は「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されていましたが、実際には「液晶」を搭載する可能性が高いとしています。

つまり「iPhone XR2」もディスプレイの上ではそこまで大きな進化はないと考えることができます。特に「iPhone XR」を購入した人からよく聞く不満として「ベゼル」の太さがありますよね。でも「液晶」を搭載しているから「バックライト」が必要なので、仕方ないと言えば仕方ない。「有機ELディスプレイ」を搭載すれば、最もスリムなベゼルになる考えることができます。

そして今回の情報で驚きなのが、完全に再設計された「折りたたみ式」を採用した「iPhone」が登場するということです。以前より噂がありましたが「iPhone」でもついに登場ですか。ただ「iPad Pro」の売上にめちゃくちゃ影響を及ぼしそうですし、さらには今年登場する「iPad mini 5」なんてまさにいらなくなりそうですよね。詳細は以下の記事をご参照下さい。

3月のAppleのイベントは新製品ラッシュに?「iPad mini 5」に「Air Power」に新型「Air Pods」が登場かも。

ただAppleが「折りたたみ式」といってもどのようなデバイスを設計しているのか想像もつきません。Samsungの「Galaxy F」は明らかに「スマホ」と「タブレット」のいいとこ取りをした製品なので、これと似たような構造になるのでしょうか。ただ「Galaxy F」は「25万円」程度になると予測されています。

基本「Galaxy」より「iPhone」のほうが高いので、Appleが発売する折りたたみ式デバイスはもっと高くなっちゃいそうですよね。Apple信者もそろそろお布施をするには、財布に限界があると思います。これ以上の値上がりは避けてほしいところですが。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.