子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

カメラはちょっとだけ画素数が向上に。「iPhone XI」の一部スペックが判明。

投稿日:

どうも!だいちです!

例年通りであれば、今年の9月に正式発表される可能性が高い次期「iPhone」。正式名称は判然としないながらも、一応「iPhone XI」とされています。今年も昨年と同じく「3モデル」構成に。「iPhone XS」シリーズの後継機種が2機種と、「iPhone XR」の後継機種が登場になると予測されています。そして「iPhone XR2」は「有機ELディスプレイ」を搭載する可能性が高いと予測されています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

次は「iPhone XR」ももっと高くなるかも。次期「iPhone XR」に「有機ELディスプレイ」は必要なのかな。

一方で、「iPhone XI」のプロトタイプとされているレンダリング画像が「2種類」立て続けに公開されています。「レンダリング画像」のためもちろん「スペック」は判然としませんが、「デザイン」に関しては、「カメラ」のデザインで大きく2つ。「スクエア型」か「並列型」か。かなり好みが分かれそうなデザインをしています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

また新たな「プロトタイプ」が。次期「iPhone XI」の新たなレンダリング画像が公開に。

新しい「iPhone」のデザインはこんな感じに?新しいレンダリング画像が早くも公開に。

さて今回、デザインは判明しつつある次期「iPhone XI」ですが、カメラやその他の一部スペックが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「スペック」の一部が判明に。

さて今回の情報によると、先日の情報からも「iPhone XI」は「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性は低く、「iPhone XI Plus」が「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されています。その上で、「トリプルレンズカメラ」のうち2つのセンサーは「1400万画素」と「1000万画素」になる可能性が高いとしています。

ただ3つ目のセンサーについての具体的な仕様は判然としないとしています。一方でインカメラに関しては「1000万画素」に強化される可能性が高いとしています。一応現行が「700万画素」なのでちょっと強化されていますよね。また一方でインカメラに搭載されている「TrueDepthカメラ」がより強化されるとしています。

今回の情報だけだと「カメラ」に関して、どれだけよくなるのか判然とはしませんが、少なくとも「インカメラ」に関しては地味に進化しそうですよね。一方で内部設計が変更され、バッテリーの搭載方式が現行の「L字型」ではなく、「垂直式」になるとされており、ロジックボードの設計が変わるとされています。また「USB-C」を搭載する可能性があるとしています。

最近のスマートフォンは、まさに「カメラ」での差別化で激戦となっており、もともと評価が高い「iPhone」ですけど、世界トップクラスの「Galaxy」や「Huawei」が「クアッドレンズカメラ」を搭載してくると予測されている中、どのような完成度に仕上げてくるのか非常に楽しみです。少なくとも搭載しているカメラセンサーが増えれば良くなるというわけではありません。

ただ搭載しているカメラセンサーが多ければ多いほどできることは増えますよね。さすがに「シングルレンズカメラ」と「トリプルレンズカメラ」ではその差は歴然です。ただセンサーが増える分、本体価格も上昇しちゃいますけどね。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.