子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット ブログ

新しい「iPhone」のデザインはこんな感じに?新しいレンダリング画像が早くも公開に。

投稿日:

どうも!だいちです!

ガジェットブロガーをやっていると、毎年発売される最新機種をできるだけ購入して、実際に使ってみるようにしています。ただ予算に限界があるので、やはり自分が欲しいと思う機種を購入するようにしています。ただ一方で購入する必要性があるガジェットもあります。それは「iPhone」ですよね。

元々好きだったというのもあり「iPhone4」以降、毎年購入するようにしています。ただ正直なところ、デザインにしてもスペックにしてもAndroidと比較して以前のような大きなアドバンテージはなく、ちょっと面白みにも欠けてきてますよね。そんことを思いつつも毎年購入しているのですが、今年も問題がなければ、最新の「iPhone」が登場する予定です。

名称にスペックは不明。でも例年通りであれば「iOS13」と「A13チップ」を搭載することに間違いなし。そしてだいぶ前から「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されてきましたが、先日公開された「プロトタイプ」においても「トリプルレンズカメラ」が搭載されている。詳細は以下の記事をご参照ください。

「カメラ」で世界トップを狙うことができるかな?「iPhone XI」のレンダリング画像がリーク。

さて今回はこの「プロトタイプ」の情報と以前まで予測されている情報に基づいた最新の次期「iPhone」のレンダリング画像が公開されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



最新のレンダリング画像。

さて今回公開された次期「iPhone」のレンダリング画像が上記の画像になります。先日の「プロトタイプ」が基にになっているため「トリプルレンズカメラ」を搭載していることを確認することができますよね。でも判然としないのは、俗称「iPhone XI Plus」だけが「トリプルレンズカメラ」を搭載するかどうかということです。

現に「iPhone7」シリーズから「iPhone8」シリーズまでは「Plus」モデルのみ「デュアルレンズカメラ」でした。ただ「iPhone XS」と「iPhone XS Max」ではどちらとも「デュアルレンズカメラ」。直近で考えればどちらの機種も「トリプルレンズカメラ」を搭載するかも。

「iPhone X」で初めて採用された「True Depth カメラ」つまり「Face ID」ですが、その搭載部分である「ノッチ」がある意味特徴となっていますが、次期「iPhone」では、この「ノッチ」部分がさらに小型化。感覚的には「Huawei P20 Pro」と同じ感じになっています。

「Android」が、早くも「ノッチ」よりさらに先の「パンチホール式」や「水滴型」を採用し、できるだけ「ノッチ」部分をなくそうとしている中、まだまだ「iPhone」では残ると考えることができます。

カラバリはこんな感じに。「iPhone X」では、「スペースグレー」と「シルバー」の2色でしたが、ステンレススチールの染色問題が解決したこともあり、「iPhone XS」シリーズでは、「ゴールド」が復活に。そして「スペースグレー」も一部改良に。まあ次期「iPhone」でも妥当なところだと思います。さすがに、「ローズゴールド」が復活することはないかと思います。

実際に発表された時に、このデザインが採用されるかどうかは分かりません。でも一つ言えるのは、デザインの大幅な変更は期待できないこと。そしてわかりやすい進化も「カメラ」くらいでしょうか。一部情報だと「ディスプレイ統合型指紋センサー」が搭載されるとか、「USB-C」に対応するとか。

これ以上「iPhone」の価格が値上がりするのであればちょっと見送りかもしれません。ただいまから思っているのは、次の「iPhone」が出た時は「中国版」の「デュアルSIM」モデルを購入したい。「Galaxy Note9」や「Huawei Mate20 Pro」で一台持ちにしてから、またわざわざ二台持ちに変えるのは面倒です。

この「iPhone」が登場する時には、ドコモの月々サポートも廃止になっているはず。キャリアで分割で購入するのか。それともSIMフリーで購入するのか、どのような買い方が多いのかその辺含めて楽しみです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット, ブログ

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.