子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

「カメラ」で世界トップを狙うことができるかな?「iPhone XI」のレンダリング画像がリーク。

投稿日:

どうも!だいちです!

先日の記事にもまとめましたが、今年も「カメラ」において、かなり注目の機種がたくさん発表される予定です。その中でも筆頭なのが「iPhone」「Galaxy」「Huawei」の3機種でしょうか。詳細は以下の記事をご覧ください。

子育てに必須のカメラは2019年はさらなる躍進に。今年は「Galaxy S10」が一番カメラに注目かも。

「iPhone」は年に1回しか新型機種が発表されませんが、「Galaxy」と「Huawei」は違うシリーズとはいえ年に2回最新機種が発表されます。昨年でいえば、上期には「Galaxy S9」と「Huawei P20 Pro」そして下期には「Galaxy Note9」と「Huawei Mate20 Pro」って感じです。

カメラの評価において非常に有名なサイトである「DxoMark」において、「Huawei P20 Pro」の登場以降、「iPhone」も「Galaxy」も、そして元々王者だった「Google Pixel」も太刀打ちできない状態となっています。ただこの現状に各メーカーが黙ってみているとは考えにくいですよね。2018年こそ大きな躍進がなかった「iPhone」ですが、今年は「カメラ」を大幅に強化してくると予測されています。

その中で、今回今年発表が予測されている次期「iPhone」のプロトタイプとされているレンダリング画像が公開されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



 

レンダリング画像が公開に。

さて今回のレンダリング画像は、Appleの情報に精通しており、かつ自分自身がデザイナーでもあるBenjamin Geskin氏が自身のTwitterにおいて公開した次期「iPhone」のレンダリング画像になります。少なくともTweetを確認する限り、「プロトタイプ」とされているので、まだまだ今後デザインの変更は十分に考えることができます。

今回のレンダリング画像で何よりも注目すべきは、「トリプルレンズカメラ」を搭載していることです。しかも「Huawei Mate20 Pro」と同じ「スクエア型」です。ただ「トリプルレンズカメラ」に搭載したからといどう変わるのか、今回は詳細なスペックに言及しているわけではないので判然としません。

しかしながら「Huawei P20 Pro」を始めとして、「トリプルレンズカメラ」を搭載している機種はすでに存在しています。それらの機種を参考にすれば、「光学式5倍ズーム」に対応する可能性があること。「iPhone7 Plus」で初めて「デュアルレンズカメラ」が搭載された時にAppleが強調した特徴の一つとして「ズーム」機能です。

現行の「iPhone XS」シリーズは「光学式3倍ズーム」に対応しています。なので3つ目カメラセンサーが「望遠」機能に特化しているのであれば、「ズーム」機能が強化されると考えることができます。

次に可能性としてあるのは、「広角レンズ」の搭載。今「iPhone」のカメラ機能に「パノラマ」モードがありますが、「Huawei Mate20 Pro」のように超広角撮影に対応していれば、わざわざ横に動かすことなく、「パノラマ」モードのような超ワイドなシーンを撮影することができるようになるかもしれません。

そして「モノクロセンサー」の搭載の可能性も考えらます。簡単に言えば、「暗所での撮影」により強くなること。「スマートHDR」の搭載によって、暗所での照明など、白飛びしやすいものが、白飛びしにくくなりましたが、「暗所」の撮影に強くなったわけではありません。だからこそ根本的に「暗所」に強い仕様にしてくるかもしれません。

そして「ポートレート」モードなどの「ボケ」の撮影もより強化されると考えることができます。こんな感じで、従来の「デュアルレンズ」に何のカメラセンサーを搭載するかによって、大きく特徴が異なりますが、よりバリエーションが豊富な撮影が可能になると考えることができます。「iPhone X」や「iPhone8」を使っている人が無理に「iPhone XS」シリーズに機種変更する必要性は感じられませんが、今年登場する新型「iPhone」はカメラだけでも十分に機種変更する価値がありそうですよね。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.