子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

初心者講座②「iPad」から「iPad Pro」まで選び方をまとめてみた。

投稿日:

どうも!だいちです!

先日の記事にもまとめましたが、我が家で最も欠かせないガジェット製品として「iPad」があります。それこそ、見守りカメラのモニターに、動画閲覧用に、音楽聴いたり、写真撮ったり、Face Timeをしたりとまさにオールマイティな端末です。

フリーランスの必須道具?「iPad Pro」をドコモで予約したけど、入荷まで約1ヶ月かかったよ。

「テレビ」から「見守りカメラ」に「ブログ」とすべて「iPad」に集約。次期「iPad Pro」でいよいよ完成に。

いまやタブレット市場で、最も売れているのは「iPad」であり、子育てという観点、そしてスマートフォンが「iPhone」を使用している人がかなり多いことを考えると、タブレットでおすすめできるのは「iPad」のみになります。「Kindle」などありますが、「iPad」と比較すると、オールマイティに欠けます。

なので今回は、「iPad」といっても、現行で4モデル発売されている「iPad」の選び方を簡単にまとめたいと思います。



「iPad」の選びかた。

あくまでも今回は「子育て」の観点と、執筆時点で、Appleのホームページに記載されているモデルで比較をしてみたいと思います。まずはスペックを簡単にまとめたいと思います。

iPad mini4 iPad Pro11 Pro12.9
ディスプレイサイズ 7.9インチ 9.7インチ 11インチ 12.9インチ
ディスプレイ 2048x1536(326ppi) 2048x1536(264ppi) 2388x1668(264ppi) 2732x2048(264ppi)
SoC A8 A10 A12X A12X
ストレージ 128GB 32/128GB 64/256/512GB/1TB 64/256/512GB/1TB
本体サイズ 203x134x6.1mm 240x169.5x7.5mm 247x178x5.9mm 280x2145.9mm
重さ 304g 469g 468g 631g
メインカメラ 800万画素 800万画素 1200万画素 1200万画素
インカメラ 120万画素 120万画素 700万画素 700万画素
生体認証 Touch ID Touch ID Face ID Face ID
充電規格 lightening lightening USB-C USB-C
Apple Pencil ×
Smart keyboard × ×
価格 4万5800円 3万7800円〜 8万9800円 11万1800円

まずスペックをまとめてみましたが、よほどのことがない限り「iPad mini4」はオススメしません。まず発売されてからアップグレードがされてないことからも、処理性能は「エントリーモデル」である「iPad」より低く、さらに値段も高い。この大きさが魅力に感じない限りは選択肢から除外するべきです。

そして次に大きく分けて比較するのが「iPad」と「iPad Pro」になります。ここでの選び方は単純明快です。「消費」だけではなく、「生産」もするかになります。「動画」を見る/「音楽」を聞く/SNSをするなどは主に「消費」になります。そして「絵を書く」/動画を編集する/仕事をするなどは「生産」に該当します。

我が家を例に考えれば、「見守りカメラ」のモニターとして/動画を見る/音楽を聞くの他に「ブログ」を執筆する/画像を処理するなどの作業を加わるため、「iPad Pro」が選択肢として最有力になります。そして「iPad Pro」の2モデルに関しては、「可搬性」を優先するのであれば「11インチ」そして「作業性」を優先するのであれば「12インチ」になります。

今回は「子育て」という観点で考えるので、「iPad」で十分かと思います。「iPad」の詳細については「初心者講座①「iPad」を使ってみたいなら「Apple Pencil」が使えるようになった無印の「iPad」を購入しよう!」をご参照下さい。本当に簡単にですが、今回は「iPad」の選び方をまとめてみました。何かしらの参考になれば幸いです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.