子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

高級車が欲しいパパへ。「Hauwei Mate20 RS」を購入してポルシェデザインを満喫しよう。

投稿日:

どうも!だいちです!

子どもができて、ベビーカーで移動するようになって欲しくなったのは車です。車があれば、特に長時間移動する際でも、自分たちのペースで移動することが可能です。ただ車を買うのも金額が金額でなかなか決まらないですよね。やはり車を購入する時って、男のこだわりがあります。つまり見栄やプライドです。結局のところ高級車です。我が家では、車の車種を決定し、試乗しに行って、そしてその後にファイナンシャルプランナーに相談してから、実際にディーラーに行って購入しました。

欲しい車はやはり現実を見れば見るほど購入することが難しいですよね。でも憧れってなかなか諦めがつかないですよね。特に高級車です。一度は、フェラーリーやポルシェなどなど。でも今回海外のSIMフリースマートフォンを専門に扱うEtorenにおいて、「Huawei Mate20 RS」の発売が開始したことが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Huawei Mate20 RS」の発売が開始に。

さて今回同サイトにおいて、「Huawei Mate20 RS」の発売が開始したので簡単にまとめたいと思います。ちなみに「Huawei Mate20 RS」は、「Huawei Mate20 Pro」の特別版です。「Huawei Mate20 Pro」の詳細は「ガジェットブロガーがオススメする「Huawei Mate20」シリーズ。選び方、購入方法をまとめてみた。」をご参照下さい。

「Huawei Mate20 Pro」と大きく異なるのは、主にストレージです。「Huawei Mate20 Pro」の最上位モデルは「RAM8GB/ROM256GB」となっていますが「Huawei Mate20 RS」の最上位モデルは「RAM8GB/ROM512GB」となっています。単純に考えれば「Huawei Mate20」シリーズの中で最もストレージが多いモデルになります。

そして本体のデザインが大きく異なり、「Huawei Mate20 Pro」の「背面」は「ガラス」が採用されているますが、「Huawei Mate20 RS」は背面に「本革」が採用されており、全く雰囲気が異なります。しかも「Huawei Mate20 RS」はポルシェとコラボしたモデルになるため、「本革」も「ポルシェ」とコラボして採用されたものになります。

そして次に確認してほしいのが「本体価格」です。上記の画像からも「34万9000円」です。ちなみに2色展開となっており、上記の画像は「レッド」モデルですが、「ブラック」モデルも存在しており、「30万6400円」となっており、かなり高価格であることを確認することができます。

「ポルシェ」コラボというブランド価値と、「本革」を使用していることでここまで高価格化していると考えることができます。スマートフォンとして考えると非常に高価格ですが、実際のポルシェを購入するよりはよほど安いです。「Huawei」としてもこのポルシェデザインを出すのは初めてではありません。つまりそれだけ需要があると考えることができます。

ちなみに「Huawei Mate20 RS」が中国で発売された時に「10分」で完売しました。それだけ人気があるということですよね。ポルシェの気分に浸りたい人にはお勧めです。ぜひ気になる方はチェックしてみて下さい。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.