子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

ママさんの強い味方。「カメラ」がよくてとくにかく「持ちやすい」スマホをまとめてみた。

投稿日:

どうも!だいちです!

スマートフォンを操作するときってどのように操作していますか?片手?両手?それとも音声アシスタント?自分自身は片手で操作していますが、子育てをしながらになると、「片手」での操作は必須になると思います。子どもが寝ている時などは別の話として、それ以外の多くの機会では、片手間で操作することが多いと思うので、「片手」がメインになると思います。

昔から男女関係なく、「コンパクト」モデルの人気が非常に高いです。やはり日本人、つまりアジア人は西欧や欧米の人と比較すると手が小さいんだと思います。でも同じアジアでも、インドとかだと大型ディスプレイを搭載したモデルの人気が高いです。ちょっと不思議ですよね。そして片手で操作できるとなればやはり「コンパクト」モデルの人気が高いです。

でも「コンパクト」モデルの欠点としてはディスプレイサイズが小さいということです。みんな共通だと思いますが、年を取ればとるほど、視力は低下します。つまりディスプレイが小さければ小さいほど、見にくくなります。そうなってくると、やはり優先されるのは「持ちやすさ」になります。なので今回は「コンパクト」モデル含めて「持ちやすい」スマホを簡単にまとめたいと思います。



「4インチ~」

今回は「ハイエンド」モデルを中心にまとめたいと思います。さらに「カメラ」もできるだけいいやつ。そのうえでまずは「iPhone SE」です。いまでも使っている人が多いと思います。さすがに「iPhone5」や「iPhone5s」を使っている人はあまりいないと思います。

「iPhone SE」はAppleはが「iPhone」史上最も人気のあったデザインを復刻させたデザインを採用した機種になります。「iPhone5」が発表された当初は「iPhone」史上最大のディスプレイとなる「4.0インチ」のディスプレイを搭載しており、CMでは親指でも全部届くから操作がしやすいことをアピールしていました。記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

でも親指で届かないって批判もされていました。でもいまや「iPhone」も「6.5インチ」となっており、いかに「iPhone SE」が持ちやすいことか。ただ「iPhone SE」は終売になった製品になります。入手できる手段はかなり限定されています。Amazonくらいでしょうか。

カメラにおいても「1200万画素」と今の新型「iPhone」と同じ画素数ですが、機能面でかなり劣ります。なので「iPhone」らしい綺麗な写真を撮影することができますが、ちょっと物足りなさも。

次に「Xperia XZ1 compact」です。「Motion Eye」を搭載しており「1900万画素」の高画素カメラに、「スーパースローモーション撮影」など面白い機能も搭載しています。そして「電池持ち」はかなりいいです。現行で発売されているすべての機種の中でもトップクラスです。そんな「Xperia XZ1 compact」ですが「4.6インチ」とかなりコンパクトです。

ただ角ばったデザインで持った時にちょっと痛いという人もいますけど、「Xperia」の中でも貴重な「4インチ」代の機種になります。また「ハイレゾ」に対応などエンタメ機能もしっかり対応しています。今はドコモオンラインショップで破格値で販売されています。気になる方は「国内大人気の「Xperia」が月々「27円」で買える。「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」が超家計に優しい。」をご参照下さい。

そして「iPhone8」です。昨年発売された機種で、それこそ発売された当初は正直人気なかったです。理由は単純に「iPhone7」と比較して目立った進化がなかったから。一方で今年発表された「iPhone XS」や「iPhone XR」はみんな大きく持ちにくい。そして高い。

一方で新型機種が登場したことによって「iPhone8」は安くなりました。この結果「iPhone8」はバカ売れしています。appleオンラインストアのSIMフリーモデルもしくはキャリアモデルのどちらかが購入方法になります。特にキャリアモデルは人気が集中しているので、欲しい方は予約できる状態であれば、必ず予約をしましょう。

「4.7」インチの小型ボディに「1200万画素」のカメラ。そして何より片手操作の強い味方である「Touch ID」に対応した機種になります。今後「Touch ID」に対応した機種は登場する可能性が非常に低いので非常に貴重な存在します。そして子どもがいる家庭だと配線をできるだけスリム化したいところ。このスリム化の強い味方である「ワイヤレス充電」にも対応しています。

 

5.0インチ~

次に「5.0インチ」の「Xperia XZ2 compact」になります。「Xperia XZ1 compact」より一回り大きくなっています。そしてかなり分厚くなっています。そして「カメラ」もあまり進化していません。これだけ聞くと「Xperia XZ1 compact」のほうがいいと思います。でも「Xperia XZ2 compact」は「4K HDR」のビデオ撮影が可能になっています。

そして「ディスプレイ」が「FHD」に強化されています。従来の「compact」モデルの大きな欠点はディスプレイでした。でも「Xperia XZ2 compact」はディスプレイが大幅に強化されており、歴代「Xperia」と比較してもかなり評価が高いです。それこそ4K」に対応した「Xperia XZ2 premium」より評価が高いです。そして分厚くはなりましたけど、背面がラウンドしているため非常に握りやすい。そして本体自体が「コンパクト」です。なので「持ちやすさ」はトップクラスです。

そして「Google Pixel3」です。日本では初登場となったGoogleのリファレンスモデルになります。「5.5インチ」と地味に大きなディスプレイを搭載していますが、意外と持ちやすい。この持ちやすさは正直持っていただかないと伝えにくいです。そして何より「カメラ」が面白い。

ハード的な面で「カメラセンサー」はそこまでいいものは搭載していません。でもさすがGoogle。「Android9.0」を搭載することによってバリバリにカメラをチューンナップしてあります。つまり「ソフト」の面で大きく他のメーカーの機種にアドバンテージを持っています。さらにAI機能を最適化してあるため、利用シーンの自動判別や、「Google Lens」の採用で、カメラが認識したものを自動検索してくれるなど、かなり面白いです。

「ハード」の面で、大きく進化してきたスマートフォンのカメラですが、GoogleはやはりAndroidを開発しているからこそ、また違った角度からスマートフォンのカメラの進化を見せてくれました。

そして「Galaxy S9」になります。「ディスプレイサイズ」は「5.8インチ」になります。そしてこの「ディスプレイサイズ」になるディスプレイの両端が湾曲していて、かつサイドフレームがかなりスリム化されている「Edgeスタイル」を採用している機種がおすすめになります。そして「Edgeスタイル」に筆頭が「Galaxy S9」になります。

当ブログでもかなり「Galaxy Note9」を強くお勧めしています。詳細は「1週間使ってみて。「iPhone XS Max」より「Galaxy Note9」のほうが子どもを明るく綺麗に撮影できる」をご参照下さい。そして「Galaxy S9」は「Galaxy Note9」と同じく、「デュアルアパチャー」機能を搭載しています。簡単に言えばデジカメに搭載されている自動絞り調節機能です。

撮影のシーンによってまずAIが撮影の対象物を自動で認識、さらに「デュアルアパチャー」機能で明るさを調節してくれます。明るい日中や暗い夜なども綺麗に撮影することが可能ですが、何より威力を発揮するのは中途半端な明るさの時。ちゃんと適切に明るさを調節してくれて、「iPhone」や「Huawei」よりきれいな写真を撮影してくれます。

 

「6.0インチ~」

そして「Galaxy S9」と同じく「Edge」スタイルを採用した「Xperia XZ3」です。「6.0インチ」と大型ディスプレイを搭載していますが、「Xperia XZ2 compact」と同じく、背面がラウンドした「アンビエントフロー」を採用しており、さらに「Edgeスタイル」を採用しているため、歴代「Xperia」の中でトップクラスに持ちやすいです。

そして最大の特徴は「有機ELディスプレイ」を搭載していることです。いまやハイエンドモデルの多くは「有機ELディスプレイ」を搭載していますが、「Xperia XZ3」のディスプレイは正直次元が違います。特に最も表現するのが難しいとされている「黒」の発色が尋常なくらい綺麗です。カメラで撮影した写真や動画を「有機ELディスプレイ」で楽しむ。テレビのブラビアに採用されている技術をそのままモバイル用に開発し、「Xperia」に搭載しています。気になる方はぜひ店頭でチェックしてみて下さい。

そして最後に「Huawei Mate20 Pro」です。前の2機種と同様に「Edgeスタイル」を採用しているため、「6.4インチ」のディスプレイを搭載していますが非常に持ちやすい。そしてデザインはグラデーションカラーを採用しており個性的で存在感が抜群。そしてカメラは文句なし。詳細は「子育てに最高のカメラを搭載。「Huawei Mate20 Pro」を「Amazon」で購入しよう。」をご参照下さい。

大型ディスプレイを搭載したモデルがトレンドの中で、最も持ちやすい機種だと思います。そして個人的にも今年最高の機種だと思います。

ざっとですが「持ちやすくて」かつ「カメラ」が高性能な機種をまとめてみました。何かしらの参考になれば幸いです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.