子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

価格が低下でより魅力的な機種に。「Galaxy Note9」が「Etoren」で地味に安くなっている。

投稿日:

どうも!だいちです!

先日には、今年購入した機種で最もおすすめなのは「Huawei Mate20 Pro」とご紹介しました。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

ガジェットブロガーがオススメする「Huawei Mate20」シリーズ。選び方、購入方法をまとめてみた。

でも正直なところ、SIMフリースマートフォンって日本で普及してきているとはいえ、まだまだ認知度が低い上に、さらに「Etore」や「Expansys」で購入するとなるとハードルが高くなってしまうんですよね。でも日本国内で購入する場合は、基本料金プランのしばりからも、なかなか買い替えずらい環境にあり、さらにそこまで端末が安くはない。

ドコモで発売している「docomo with」の対象機種って、一見安いように見えますが、海外のSIMフリーモデルでみれば、そこまで安くはない。あくまでも、ドコモが扱っているハイエンドモデルと比較すれば安くみえるだけです。本体価格が上昇している中、少しでも安く購入したいというニーズに対して、少し前までは中古市場のほうが勢いがありましたが、今はSIMフリーモデルのほうがそのニーズをつかみ始めています。

海外向けのSIMフリーモデルは、キャリアモデルや中古市場と異なり、数週間から1か月単位で大幅に価格が変動します。さて今回国内においても地味に反響があった「Galaxy Note9」が「Etoren」において価格が安くなり始めたので簡単にまとめたいと思います。



Galaxy Note9の価格が下落開始。

 

さて執筆時点での「Galaxy Note9」の「Etoren」における価格をまとめてみたいと思います。

機種名価格

Samsung Galaxy Note 9 Dual Sim N960FD 128GB Blue

8万4800円

Samsung Galaxy Note 9 Dual Sim N960FD 128GB Brown

8万5700円

Samsung Galaxy Note 9 Dual Sim N960FD 128GB Lilac

8万8800円

Samsung Galaxy Note 9 Dual Sim N960FD 128GB Black

8万4800円

 Samsung Galaxy Note 9 Dual Sim N960FD 512GB ブラウン

11万0200円

Samsung Galaxy Note 9 Dual Sim N960FD 512GB

11万0200円

Samsung Galaxy Note 9 Dual Sim N960FD 512GB

11万0200円

ちなみに今回対象となっている機種は、日本で未発売の「Exynos9810」を搭載したモデルになります。日本で「ドコモ」と「au」から発売を開始している「Galaxy Note9」は「snapdragon845」を搭載しています。ただSoCが違うからといってほぼ影響がないと考えることができます。そして日本国内で発売されている「Galaxy Note9」は「128GB」モデルとなっています。そこでSIMフリーモデルと比較してみると以下のようになります。

Etorenドコモau
8万4800円12万1176円(実質8万352円)12万9600円

同じ容量でありながら、その差は一目瞭然ですよね。ほぼ価格差として4万円程度ありますが、おサイフケータイ機能にそこまでの価値を見出せるか正直疑問です。何なら4倍の容量を持つ「512GB」モデルでも購入することができます。当ブログでも地味におすすめしている「Galaxy Note9」ですが、以下の記事もぜひご覧ください。

フリーランスになってから実感。仕事でもプライベートでも「Galaxy Note9」があまりにも逸秀だった。

1週間使ってみて。「iPhone XS Max」より「Galaxy Note9」のほうが子どもを明るく綺麗に撮影できる

カメラにしてもスペックにしても全体的にかなり完成度が高い「Galaxy Note9」をぜひチェックしてみて下さい。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.