子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

未分類

【ゴックン期*5、6ヶ月】離乳食でおきる下痢などに準備しておいて良かったアイテム

更新日:

こんにちは、さとみです。

離乳食を始めるにあたって、本・雑誌・教室に行って準備をするお母さんも多いと思います。

調理器具や食器などを揃えることにばかり注目しがちなのですが、離乳食を開始すると、赤ちゃんの体調も変化することがあります。

不調があったらまずは小児科など病院にかかることが一番!

でもすぐに病院にいけない、もしもの時や安心材料などに準備しておくと安心だったアイテムをご紹介します。

口周りの肌荒れ防止に「ワセリン」

肌の弱い子は、食べこぼしや唾液で口周りが荒れることもあるそうです。

我が家は離乳食を食べる前にワセリンで口周りを保護し、食後に拭いてあげると良かったです。

赤ちゃんの肌の強さは本当に様々なので全く必要ないという子もいます。

もし、荒れてしまうようであれば保護としてワセリンを準備しておくと便利でした。

白色ワセリンはドラッグストア等でも販売してますし、肌の保湿剤としても使用されるもなので保護するものとして安全性は高いと思います。

臭いがきつくなったら「BOS(ボス)ゴミ袋」

離乳食を始めて、わかりやすくおしっこやウンチの臭いがきつくなりました。

タンパク質を始めたら一層臭いがするんだろうなぁと今からドキドキしています笑。

そこで活躍したのが、育児界隈では「臭わないゴミ袋」として有名なBOS。

医療向けに便を収容する袋を開発しているメーカーの製品で、この袋に入れておけば本当に臭いが気になりません。

おしりのかぶれ対策に「ポリベビー」

娘は離乳食が始まってから、下痢になりました。

また通常の便の回数も1日1回から3回にアップ!

(赤ちゃんによっては便秘気味になるなど様々なようです。)

便の回数が多くなってすぐにおしりがかぶれてしまいました。

まめにオムツを交換してあげるのに加え、お手入れとしてポリベビーを使用しています。

お風呂上がりにつけてあげるとポリベビーを塗ってあげると翌朝にはかぶれが落ち着く事が多いです。

ひどく荒れてしまう前のホームケアとして使用すると良いと感じました。

 

下痢の時の水分補給に「アクアライト」

ひどい下痢になった場合は、体から水分が大量に失われるため、水分補給も忘れないように病院でも指導されました。

乳幼児用の経口補水液である和光堂の「アクアライト」を少量から与えてあげています。

和光堂の公式サイトでは赤ちゃんの水分補給についてのサイトページがあったので参考になりました。

赤ちゃんの水分補給に関するサイトを見る(和光堂のページに飛びます)

 

まとめ

同じ月齢で離乳食を始めたママの話を聞くと、離乳食といっても体調変化や反応は赤ちゃんによって本当にそれぞれ

何かが起きた場合に、必要なアイテムが近隣のどこで買えるのかチェックしておくといざという時に慌てずに安心だなと思いました。

もうすぐ離乳食を始めるというママパパも、始めたよ〜というママパパも一緒に頑張りましょう!!

 

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-未分類

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.