子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

子育ての写真におすすめ?「Huawei Mate20 Pro」と「iPhone XS Max」の写真を比較してみた。

投稿日:

どうも!だいちです!

スマートフォンのカメラの進化って本当に恐ろしいですよね。プロからすればまだまだなのかもしれませんが、素人目線から見れば、デジカメが必要ないくらい、十分に綺麗な写真を撮影することができます。こんな記事を書いたでのご覧ください。

子連れブロガーが旅行で必ず持っていくガジェット。カメラは「Huawei Mate20 Pro」で十分。

正直なところ、スマホで撮影しようと、一眼レフで撮影しようと、その撮影した人の腕次第だと思います。SNSでシェアすることや、家族で共有することを考えれば、スマホで撮影したほうが楽ですよね。正直ちょっとした写真を撮影するだけならスマホで十分です。

なので今回は世界最高の評価を獲得している「Huawei Mate20 Pro」と誰もが絶賛する「iPhone XS Max」の写真を簡単に比べてみました。



比較して見た。

まず前提とした機種ごとに細かい設定はいじっていません。また「オート」モードで撮影しています。手軽に写真が綺麗に撮れないと意味がないと思っているので。何より、マニュアルモードで調節しながら撮影するのであれば、それこそデジカメや一眼レフを使ったほうがましだと思うので。

その上で上記の画像は「iPhone XS Max」を撮影した夕暮れの写真になります。

次に「Huawei Mate20 Pro」で撮影した画像になります。できるだけ同じ画角になるように撮影したつもりです。その上で比較すると「iPhone XS Max」のほうが明らかに明るく撮影できてますよね。では次の写真を比較したいと思います。

上記の画像は「iPhone XS Max」で撮影した写真になります。

そして上記の画像は「Huawei Mate20 Pro」で撮影した画像になります。先ほどの写真と同じく、「iPhone XS Max」のほうが明るい写真を撮影できていますが、今回の写真においては、「Huawei Mate20 Pro」のほうが、より雰囲気のある写真を撮影できていることを確認することができます。

スマートフォンにとって、夕方から夜のかけてはかなり撮影条件が悪くなります。その中でも自動的に明るく撮影できるのは「iPhone XS Max」ということになります。一方で、「Huawei Mate20 Pro」は写真全体が暗めに仕上がりやすいです。これは夕方だけではなく、朝や昼間でも一緒です。完全に夜になると「Huawei Mate20 Pro」のほうが「ISO感度」が上なので明るく撮影できるんですけどね。

単純に今回の2枚ずつの写真で分かるのは、「iPhone XS Max」は撮影者を選ばないということです。簡単にいえば「iPhone XS Max」に完全に任せきりでも綺麗な写真を撮影することができます。一方で「Huawei Mate20 Pro」に関しては、少なくとも撮影のシーンや構図は最低限考える必要性があります。

何も考えずに撮影すると、ただ暗い写真が出来上がります。ちなみに、撮影したタイミングで手持ちになかったので撮影していませんが、「Galaxy Note9」で撮影すると「iPhone XS Max」よりさらに明るい写真を撮影することができます。

そうなってくると、「Galaxy Note9」はどのような条件下でも、今年登場した機種の中では最も明るく写真を撮影することが可能だと考えることができます。今回の写真は風景のみですが、人物を撮影しても同様の結果になります。

自分が子育てをする上で、子供の写真をどんな写真で残したいのか。明るい写真を残したいなら「iPhone」。そして雰囲気がある写真を残したいのであれば、「Huawei」。こんな感じでイメージすると分かりやすいと思います。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.