子育てと夫婦生活が上手くいくコツは納得すること。

フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記

ガジェット

ガジェットブロガーが今年買ってもっとも良かったスマホは「Huawei Mate20 Pro」かな。

投稿日:

どうも!だいちです!

今年は、子どもが産まれたり、フリーランスになったり、自分の人生で大きな転換期となった1年になりました。また2年前から始めたブログも軌道にのり、順調に収益が発生したこともあり、様々な機種を購入して、実際に使用することができました。一方で今年発表が予測されているスマートフォンの多くはすでに発表されています。最新機種の楽しみはまた来年になりそうですね。

なので今年、ガジェットブロガーとして、今年購入した機種を超主観的に比較して、一番良かった機種について改めてまとめてみたいと思います。



今年一番良かった機種。

 

今年購入した機種を超主観的に比較していきたいと思います。ちなみに良かったが「〇」普通が「△」悪いが「×」そのうえで「〇」を2点、「△」を1点、「×」を0点としてトータルスコアをつけてみたいと思います。

Xperia XZ2 Xperia XZ2 premium Galaxy Note9 iPhone XS Max Huawei Mate20 Pro
デザイン
持ちやすさ ×
重さ × ×
初期設定のしやすさ × ×
本体価格 ×
売却のしやすさ
電池持ち × ×
カメラ × ×
端末の面白さ
トータルスコア 8 7 14 10 16

今年はこの5機種を購入しました。その上でまず前提として、メインブログにおいて「Xperia」関連の記事でかなりアクセスを集めることに成功していることもあり、新型「Xperia」はできるだけ購入するようにしています。さらに「iPhone」に関しては、長らく使ってきたこともあり、さらに「iPad」や「Mac」、そして「Apple Watch」を使っていることもあり、そのエコシステムにとらわれてしまっており、最新機種は「ブログ」と「プライベート」どちらの意味も含めて購入しています。

まず「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 premium」ですが、無難にまとまっている機種であり今年購入した機種の中では面白みは特段感じません。「Xperia XZ2」に関しては、久しぶりのフルモデルチェンジであったことから購入し、さらに「Xperia XZ2 premium」に関しては、歴代の「premium」を購入してきたので購入しました。

「Xperia」にやはり期待してしまうのは、カメラと音楽です。音楽に関しては、「イヤホンジャック」が廃止されており、かなりの批判を集めています。特に「Xperia」の特徴の一つとして「ハイレゾ」があるからだと思います。ただ自分に関しては、「ハイレゾ」に対応している「Bluetoothイヤホン」を使っていたので特段影響は受けませんでした。

ただ残念なのがカメラです。「Xperia XZ2 premium」に関してはデュアルレンズカメラに「ISO51200」の対応など、かなり暗所での撮影が強化されたことだったので購入しました。最大の理由は「子どもの寝顔がとりたいから」撮影条件が悪すぎたのか、自分の撮影技術が下手すぎるのかはっきりとしませんが、少なくとも暗所での撮影は、ノイズがひどく、当時嫁さんが使っていた「Huawei P20 Pro」との差は歴然でした。

また「Xperia」のSIMフリーモデルは、頻繁に機種変更する人間からすると、「初期設定」が面倒。特に最初に「言語設定」が変更できないのが面倒です。最新モデルである「Xperia XZ3」においては、新しいインターフェイスが採用されており、さらにデザインがより洗練されていることからも興味深いのですが、何より「カメラ」が刷新されなかったので今回は見送りにしました。

ただ国内での人気が高いこともあり、使い終わった機種は、売却するようにしているのですが、そこまで安くする必要はなく、比較的簡単に売れます。この辺は評価ポイントになります。

次に「Galaxy Note9」です。以前に以下のような記事も書いており、今年買った機種の中でもかなりお気に入りの機種です。

子連れで初めての国内旅行。SIMフリー版「Galaxy Note9」が大活躍だったよ。

フリーランスになってから実感。仕事でもプライベートでも「Galaxy Note9」があまりにも逸秀だった。

本体価格に関しては、「512GB」モデルを選択したこともあり、安くはなかったです。ただ、超大容量でひたすら子どもの写真や動画をたくさん撮影しても十分に容量は余っています。長い期間使うことを考えれば、「ストレージ」が多いモデルを購入したほうが割安だと思います。表面的には価格が安くなりますしね。

さらに「Galaxy Note9」のお気に入りの機能の一つとして「デュアルメッセンジャー」機能です。「ブログ用」と「プライベート」用、さらに「仕事用」と同じSNSでも複数のアカウントを持っていますが、「Galaxy Note9」は一部のSNSを一台で複数のアカウントを管理できます。例えば、「LINE」であれば「プライベート用」と「仕事用」で2つ。そして「ブログ用」で「LINE@」と3つ使っています。

基本複数のアカウントを持てるとしても、使えるのは一つのみか、わざわざアカウントを切り替える必要性がありましたが、「Galaxy Note9」はこの煩雑さから解放してくれた機種になります。日本国内では「128GB」モデルしか販売されていないので、海外モデルの「512GB」モデルに興味ある人はぜひチェックしてみて下さい。

「iPhone XS Max」に関しては、完成度が非常に高く、満足度も高いです。ただ「Galaxy Note9」のような面白さが自分には足りませんでした。特にカメラです。「iPhone」はきれいな写真を撮影することができますが、何かに特出した特徴を持っているわけではありません。満遍なく完成度が高いです。一方で「Galaxy Note9」は「デュアルアパチャー」機能に対応しており、同じ条件化であれば「Galaxy Note9」のほうが明るい写真を撮影することができます。

また暗所での撮影にも強く、子どもの寝顔を暗い室内でも明るく撮影することができます。そして何より「iPhone XS Max」の最大のデメリットは金額の高さです。今回は512GBモデルを購入しましたが、今後はAndroidを2台購入したほうが楽しめるとも思っています。

そして最後に最高の評価をつけた「Huawei Mate20 Pro」です。今はこの「Huawei Mate20 Pro」のみを使っています。少なくとも今まで使ってきたAndroidの中で最も使いやすいです。ただ電池持ちがちょっと悪いこと。そして、上記の表ではふれていませんが、「ディスプレイ統合型指紋センサー」の認証精度が著しく悪いこと。この2点くらいしか不満はありません。

「Galaxy Note9」の「デュアルメッセンジャー」機能と同様の機能である「ツインアプリ」にも対応しており、さらに「ワイヤレス充電」のスピードも速ければ、通常のケーブルによる充電もかなり早くかなり満足度が高いです。今年一番購入してよかった機種だと思っています。ただダークホース的な存在として「Huawei Mate20 X」の存在も忘れてはいけません。

「ゲーム」に「写真」に「動画」をこれ1台で。「Huawei Mate20 X」は家族みんなで楽しめるおすすめの一台に。

今回はガジェットブロガーとして今年購入したスマートフォンについてまとめてみました。何かしらで参考になれば幸いです。

おわり。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-ガジェット

Copyright© フリーランス夫と会社員嫁の逆転子育て日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.